メールニュース No.383

◆◆◆=== NADE関東甲信越支部ディベートメールニュース -No.383-===◆◆◆
http://nade-kanto.info/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
==CONTENTS============================================================
★ 4/21 浅野学園ディベート部、学生団体S-Deal主催の日本語即興
            日本語即興ディベート練習会が開催されます  ★
===================================NADE Kanto-Koshinetsu  Mail News===

 浅野学園高等学校を会場とするディベート大会について、同校からお知らせの
依頼がありましたので、ご案内いたします。主催は学生団体S-Dealと浅野学園
ディベート部です。

(案内文ここから)
 討論系イベントを開催している学生団体全国学生教育討論研究会 S-Deal
(http://s-deal.biz/)と浅野学園ディベート部が主催する日本語即興ディベ
ート練習会が4月21日 (日)に開催されます。

 ディベートには使う言語だけでなく、ルールも異なるものもあるのはみなさん
ご存知かと思います。
 今回ご紹介するのは日本語の即興ディベートの練習会です。
 事前に証拠資料を調べて、議論を作りこんで試合に臨むのではなく、大会
会場には資料を持ち込まず、会場で発表された論題で、短い時間で準備して、
試合に臨む、調査型のディベートとは異なる考え方や、手法で行うディベートが
今回のS-Deal主催の企画です。
 調査型ディベートにも使える考え方や、視点が手に入ったりするかもしれませんし、
これまでにない経験ができることは間違いありません。ご興味がある方は奮って
ご参加ください!

 練習会の概要は以下の通りです。

日本語即興型ディベート練習会の開催

開催日時:2019年4月21日(日)
開催場所:浅野学園高等学校

主催:S-deal・浅野学園ディベート部(ADU) 
協力:CDSproject、浅野学園、全国教室ディベート連盟関東甲信越支部

企画詳細
ルール

1:フォーマットは以下の通りとする。
(0)準備時間15分
(1)肯定側第一立論:4分
(2)否定側第一立論:4分
(3)肯定側第二立論:4分
(4)否定側第二立論:4分
(5)否定側最終弁論:3分
(6)肯定側最終弁論:3分

※スピーチについては若干の延長も認められるが、原則として15秒以上本来の
スピーチ時間を超過した内容については勝敗に反映されないものとする。

2:ラウンドの最後の2つのスピーチは、新しい議論を提出することができない。
3:1チームは2〜3名で構成される。2名の場合は第一立論と第二立論を同一人物
がスピーチすることはできない。
4:スピーチは日本語でスピーチをすることとし、証拠資料の引用は認められない。
5:定義
・肯定側が論題の用語について定義する責任をもつ。
・否定側は肯定側が定義した論題が不当な定義と判断した場合、定義について
議論をすることが可能である。ただし、その場合は否定側が再定義をする責任が
ある。
・肯定側の定義について否定側から議論がない場合、用語の定義は肯定側の定義
を否定側は認めたとジャッジは判断し、またジャッジはその定義を試合中は採用
することとする。

6:POI(Point of information :立論中の質疑)

(1)フォーマットの(1)から(4)のパートの中で、スピーチをしているチームに
対して、スピーチをしていないチームがそのスピーチ内容についてスピーチ中に
質問をすることを可能とする。
(2)POIはフォーマットの(1)から(4)のパートの最初の1分後、終了の1分前の間で
実施される。それ以外の時間、パートについては行えず、POIをした場合、それは
無効とする。
(3)POIをする時間は15秒間とする。POIをされたスピーカーは15秒以上相手チーム
からPOIをされた場合、それをジャッジに指摘することができる。これはPOIで
質問をされる時間、また回答する時間もスピーチ時間に含まれるためである。
(4)スピーカーは、次のいずれかの方法でPOIに回答、拒否することができる。
a)オファーを拒否する明確なジェスチャー
b)オファーの言葉による拒否
c)オファーの口頭による回答
(5)スピーカーはPOIを1回以上回答しなければならない。

7:論題
 日本語ディベートや英語ディベートで使用されている論題を軸に検討したものを
複数用意します。

8:ジャッジ
 CDSproject、NADE関東甲子園悦地区大会、英語ディベート関係者のジャッジ、
高校生ディベーターのボランティアで構成する。

対象:中高生日本語ディベーター・中学生英語即興ディベーター
   (応募人数によっては高校までに枠を拡大します。)

参加費:1人300円(予定) 当日受付にて回収させて頂きます。

当日のスケジュール(予定)
8:30 ジャッジ・タイムキーパー集合
9:00 受付開始
9:30 開会式
10:00〜10:55 第1試合
11:00〜11:55 第2試合
12:00〜12:50 昼食・交流
13:00〜13:55 第3試合
14:00〜14:55 第4試合   (応募人数によって対戦形式を考えます。)
15:00 閉会式
15:40 解散 

募集:以下のエントリーフォームからよろしくお願いします。
      個人用 https://forms.gle/ZU1dRHobHitcB1f27
   学校・団体用 https://forms.gle/EUPF658m3xnPwCzt6

募集締め切りは4月18日(木)までとさせて頂きます。

(案内文ここまで)
 なお、本企画はNADE関東甲信越支部主催の企画ではないため、質問等は直接
S-Dealまでお問い合わせください。

=======================================NADE Kanto-Koshinetsu Mail News
 全国教室ディベート連盟では、連盟の理念に共感して下さる方を会員として
募集しております。
 維持会員:年会費3000円 連盟の会員として賛同して下さる方のための会員
制度です。2018年3月より、個人の維持会員について、便利なクレジットカード
での入会がご利用頂けるようになりました。こちらのページ
(http://nade.jp/joining/index)をご参照ください。
----------------------------------------------------------------------
●このメールニュースはまぐまぐ(http://www.mag2.com)で発行されています。
◎まぐまぐID:0000068464 ○読者数:392
----------------------------------------------------------------------
〒114-8574 東京都北区中里3-12-2
女子聖学院中学校高等学校 筑田周一気付
FAX: 020-4624-1650
E-mail: @.
Twitter: @nade_kanto
[/read]
タグ: