日別: 2014年11月19日

メールニュース No.257

◆◆◆=== NADE関東甲信越支部ディベートメールニュース -No.257-===◆◆◆
                            http://nade-kanto.info/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
==CONTENTS============================================================
★ 秋季ディベート大会の出場校が決定しました ★
  ☆ 創価高校雄弁会主催 第14回ディベート冬季大会のお知らせ ☆
===================================NADE Kanto-Koshinetsu  Mail News===
[read more="続きを読む" less="閉じる"]
━━━★ 秋季ディベート大会の出場校が決定しました ★━━━━━━━━━

 秋季ディベート大会の出場校が決定しましたので、公表いたします。要項に
記載された上限を上回るご応募をいただいたため、一部の学校にはチーム数の
調整をお願いせざるを得ませんでした。ご協力に感謝いたします。
  本大会への参加が決定したチームは、以下の44チームです(申し込み順、カ
ッコ内は都道府県)。
 大会会場でお待ち申し上げております。ご来場の際は、上履きをご持参いた
だきますよう、お願いいたします。セキュリティの都合上、開閉会式前後の
時間帯以外は正門が閉鎖されますのでご注意ください。

<ディベート甲子園論題部門・高校の部:9校、12チーム>
慶應義塾高校 3チーム(神奈川)
早稲田大学高等学院 2チーム(東京)
開成高校 1チーム(東京)
江戸川学園取手高校 1チーム(茨城)
鎌倉学園高校 1チーム(神奈川)
渋谷教育学園幕張高校 1チーム(千葉)
都立西高校 1チーム(東京)
県立千葉高校 1チーム(千葉)
ぐんま国際アカデミー高等部 1チーム(群馬)

<ディベート甲子園論題部門・中学の部:11校、16チーム>
本郷中学校 1チーム(東京)
創価中学校 1チーム(東京)
県立伊奈学園中学校 2チーム(埼玉)
開成中学校 2チーム(東京)
江戸川学園取手中学校 1チーム(茨城)
聖光学院中学校 1チーム(神奈川)
女子聖学院中学校 1チーム(東京)
千葉国際中学校 1チーム(千葉)
渋谷教育学園幕張中学校 3チーム(千葉)
広尾学園中学校 2チーム(東京)
足立区立第四中学校 1チーム(東京)

<即興部門:11校、16チーム>
本郷高校 2チーム(東京)
創価中学校 3チーム(東京)
北杜市立甲陵高校 1チーム(山梨)
開智中学校 2チーム(埼玉)
駿台甲府高校 1チーム(山梨)
開成高校 1チーム(東京)
江戸川学園取手高校 1チーム(茨城)
創価高校 2チーム(東京)
渋谷教育学園幕張高校 1チーム(千葉)
広尾学園高校 1チーム(東京)
都立青山高校 1チーム(東京)


━━━☆ 創価高校雄弁会主催 第14回ディベート冬季大会のお知らせ ☆━━

 創価高校雄弁会の主催で「第14回ディベート冬季大会」が開催されます。
大会要項を掲載いたします。今年は、年明け2015年1月12日(月・祝)に開催
され、申し込み締め切りは14年12月24日(木)です。参加希望の方は、創価高校
雄弁会までお問い合わせください。

1, 論題:「日本は積極的安楽死を法的に認めるべきである。是か非か。」
  ※積極的安楽死とは、延命治療の中止以外の手段により、意図的に患者の
死期を早める行為とする。
2. 開催日時:2015年1月12日(月・祝)
3. 会場:創価高等学校(西武国分寺線「鷹の台」駅下車、徒歩約10分)
4. タイムスケジュール:
    受付開始 9:00
        開会式   9:30 
        第1試合 10:00~11:10
        第2試合 11:30~12:40
        昼食    12:40~13:20
        第3試合 13:20~14:30
        決勝戦  15:00~16:00
        交流会、決勝戦講評・判定、 閉会・表彰式
                16:00~17:00
5. 参加対象:
a. 原則として、学校の枠を超えない高校生のチームの申し込みを受け付けます。
ただし、中高一貫校のみ中学生を含む中高混合チームを認めます。
b. 会場の都合で、先着12チームまでを予定しています。また原則として、
1チーム4人以上で編成してください。4人を下回る場合は、申し込みの際にその
旨と理由を明記してください。
c. 複数チーム申し込みの学校には、全体の申し込み数によって、チームの削減
をお願いする場合があります。 
d. 申し込み用紙は特にありません。下記の項目を記入の上、手紙・ファクス・
Eメールのいずれかで申し込みください。
    1. 学校名
    2. 顧問名
    3. 申し込みチーム数(1チーム4人を下回る場合はその理由)
    4. 連絡先(住所・電話番号・ファクス番号・メールアドレス)
       ※メールアドレスは生徒さんのものでもかまいません。当日連絡がつく
      連絡先をお知らせください。
e. 申し込みの締め切り日は12月24日(水)必着
f. 最終的に参加可能かどうかは1月8日(木)に主催者からご連絡します。

6. 参加費:無料
7. ルール:全国中学・高校ディベート選手権(高校の部)のルールに準じます。
8. その他:
○決勝戦終了後、閉会・表彰式まで、短時間ですが、交流会を企画しています。
是非、ご参加ください。
○表彰について
・予選の勝敗とコミュニケーション点により順位をつけ、上位2チームによる
決勝戦を行います。
・決勝戦に出場した選手の中から最も優れたスピーチをした選手にベストディ
ベーター賞を授与します。
・大会を通して、各パート(立論・質疑・1反・2反)の最優秀者に賞状を授与
します。
○見学を希望される方は、1月7日(水)までにご連絡ください。会場の規模を
考慮して、受け入れが可能かどうか検討し、1月9日(金)に主催者からご連絡
します。
9. 申し込み先:
〒187-0024
東京都小平市たかの台2-1 創価高等学校 菊池泰男宛
 TEL: 042-342-2611 ファクス: 042-342-2602
 メール: @..

=======================================NADE Kanto-Koshinetsu Mail News
●このメールニュースはまぐまぐ(http://www.mag2.com)で発行されています。
◎まぐまぐID:0000068464  ○読者数: 317
----------------------------------------------------------------------
編集・発行【全国教室ディベート連盟関東甲信越支部】
〒114-8574 東京都北区中里3-12-2
            女子聖学院高校 筑田周一気付
TEL: 03-3917-2277(学校事務室)  FAX: 020-4624-1650
E-mail: @.
Twitter: @nade_kanto
[/read]
Top