月別: 2013年3月

メールニュース No.219

◆◆◆=== NADE関東甲信越支部ディベートメールニュース -No.219-===◆◆◆
                           http://nade-kanto.info/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
==CONTENTS============================================================
  ☆ 第14回春季大会、創価中が7連覇 ☆
====================================NADE Kanto-Koshinetsu  Mail News==
[read more="続きを読む" less="閉じる"]

 「第14回関東甲信越地区中学・高校春季ディベート大会」は2013年3月24日、
大会2日目を迎えた。1都3県から集まった中学校7校11チームと、前日か引き続き
高校16校22チームが参加した。

 高校の部は、創価高校(東京)と聖マリア女学院高校(岐阜)の混成チームが
創価高校B(東京)を破って初優勝。中学の部は、創価中学校D(東京)が江戸
川学園取手中学校(茨城)を破り、7連覇を果たした。

●関東甲信越支部
http://nade-kanto.info/
●関東甲信越支部ツイッター公式アカウント


【高校の部】
「日本は首相公選制を導入すべきである。是か非か」
*ここでいう首相公選制とは、「首相公選制を考える懇談会」報告書(平成
14年8月7日)の「I 国民が首相指名選挙を直接行う案」とする。

  優勝: 創価高校・聖マリア女学院高校混成チーム(東京・岐阜)
準優勝: 創価高校B(東京)
   3位: 開成高校A(東京)
   4位: 早稲田大学高等学院A(東京)

<<ベストディベーター賞>>
桒野健太(くわの・けんた)(創価高・聖マリア女学院高混成チーム、第1反駁)
」
<<CoDA賞>>
春日部共栄高校A(埼玉)

【中学の部】
「日本は飲食店にドギーバッグの常備を義務づけるべきである。是か非か」
*ドギーバッグとは自分の食べ残した料理を持ち帰るための容器をいう。
*客が店または自分のドギーバッグの利用を希望した場合、店は応じなければ
ならない。
*客は自己の責任において持ち帰るものとし、持ち帰りによって生じた問題に
ついて店は責任を問われない。

  優勝: 創価中学校D(東京)
準優勝: 江戸川学園取手中学校(茨城)
   3位: 県立伊奈学園中学校(埼玉)
   4位: 渋谷教育学園幕張中学校(千葉)

<<ベストディベーター賞>>
橘優斗(たちばな・ゆうと)(創価中学校Dチーム、第2反駁)

<<CoDA賞>>
該当なし

(以下、全結果)※それぞれ、「肯定側-否定側」、得票数、[]内はコミュニケーション点

【高校の部】
<予選リーグ第5試合(1人ジャッジ)>
※早稲田大学高等学院B(東京)、春日部共栄高校B(埼玉)、甲陵高校(山梨)
は出場が不可能になってしまったため、不戦敗として集計しています。

                     開成高校A[**]○-×[**] 早稲田大学高等学院B
                     創価高校C[19]○-×[15] 駿台甲府高校
                  慶應義塾高校[16]×-○[16] 早稲田大学高等学院A
                   都立西高校A[18]×-○[20] 東海大付属相模高校
              北杜市立甲陵高校[**]×-○[**] 開成高校B
               春日部共栄高校A[11]×-○[16] 広尾学園高校
                     創価高校A[15]×-○[13] 女子聖学院高校
                    開智中学校[15]○-×[12] 都立西高校B
               春日部共栄高校B[**]×-○[**] 江戸川学園取手高校
                      開智高校[17]×-○[18] 創価&聖マリア

Aブロック通過順位
1. 創価高校C(東京)
2. 開成高校A(東京)

Bブロック通過順位
1. 早稲田大学高等学院A(東京)
2. 東海大学付属相模高校(神奈川)

Cブロック通過順位
1. 春日部共栄高校A(埼玉)
2. 広尾学園高校(東京)

Dブロック通過順位
1. 創価高校A(東京)
2. 女子聖学院高校(東京)

Eブロック通過順位
1. 創価&聖マリア女学院混成チーム(東京・岐阜)
2. 創価高校B(東京)

<トーナメント1回戦>(3人ジャッジ)
         D2位 = 女子聖学院高校 [41]0-3[47] 創価高校B = E2位
        C1位 = 春日部共栄高校A [40]0-3[50] 早稲田大学高等学院 = B1位
              D1位 = 創価高校A [48]1-2[50] 開成高校A = A2位
     B2位 = 東海大付属相模高校 [50]3-0[50] 広尾学園高校 = C2位

<トーナメント2回戦>(3人ジャッジ)
           H51勝者 = 創価高校B [54]3-0[48] 創価高校C = A1位
  H54勝者 = 東海大付属相模高校 [43]1-2[48] 創価&聖マリア = E1位


<準決勝(5人ジャッジ)>
 H52勝者 = 早稲田大学高等学院A [80]2-3[96] 創価高校B = H55勝者
           H53勝者 = 開成高校A [85]2-3[83] 創価&聖マリア = H56勝者

<3位決定戦(5人ジャッジ)>
          H58の敗者= 開成高校A [87]5-0[85] 早稲田大学高等学院A =  H57の敗者

<決勝(5人ジャッジ)>
     H58の勝者 = 創価&聖マリア [81]3-2[79] 創価高校B =  H57の勝者


【中学の部】
<予選第1試合(3人ジャッジ)>
                広尾学園中学校 [48]2-1[45] 渋谷教育学園幕張中学校A
                    開成中学校 [53]2-1[43] 創価中学校C
          江戸川学園取手中学校 [49]2-1[48] 創価中学校B


<予選第2試合(3人ジャッジ)>
       渋谷教育学園幕張中学校A [44]3-0[41] 創価中学校A
                   創価中学校C [41]0-3[44] 県立伊奈学園中学校
                   創価中学校B [52]1-2[48] 女子聖学院中学校
       渋谷教育学園幕張中学校B [46]0-3[42] 創価中学校D


<予選第3試合(3人ジャッジ)>
                   創価中学校D [53]2-1[45] 広尾学園中学校
                   創価中学校A [45]2-1[46] 開成中学校
            県立伊奈学園中学校 [51]1-2[46] 江戸川学園取手中学校
              女子聖学院中学校 [48]1-2[43] 渋谷教育学園幕張中学校B


<準決勝(5人ジャッジ)>
         予選1位 = 創価中学校D [86]4-1[85] 渋谷教育学園幕張中学校A = 予選4位
  予選3位 = 県立伊奈学園中学校 [81]1-4[79] 江戸川学園取手中学校 = 予選2位

<3位決定戦(5人ジャッジ)>
J12敗者=渋谷教育学園幕張中学校A[80]2-3[80] 県立伊奈学園中学校=J13の敗者

<決勝(5人ジャッジ)>
J13の勝者=江戸川学園取手中学校 [81]0-5[78] 創価中学校D = J12の勝者

=======================================NADE Kanto-Koshinetsu Mail News
●このメールニュースはまぐまぐ(http://www.mag2.com)で発行しています。
◎まぐまぐID:0000068464  ○読者数: 303
----------------------------------------------------------------------
編集・発行【全国教室ディベート連盟関東甲信越支部】
〒114-8574 東京都北区中里3-12-2
            女子聖学院高校 筑田周一気付
TEL: 03-3917-2277(学校事務室)  FAX: 020-4624-1650
E-mail: @.
Twitter: @nade_kanto
[/read]

メールニュース No.218

◆◆◆=== NADE関東甲信越支部ディベートメールニュース -No.218-===◆◆◆
                           http://nade-kanto.info/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
==CONTENTS============================================================
★ 第14回春季大会が閉幕 初日は高校25チームが熱戦 ★
====================================NADE Kanto-Koshinetsu  Mail News==
[read more="続きを読む" less="閉じる"]

 「第14回関東甲信越地区中学・高校春季ディベート大会」が2013年3月23日、
成蹊大学(東京都武蔵野市)で開幕した。

 大会1日目は、1都6県から高校の部17校・25チームがリーグ戦に出場。5つの
リーグに分かれて総当たり戦を行った。大会2日目の24日午前には、決勝トーナ
メントに進出する各リーグ上位2校・計10校が決まる。
 24日には、中学の部の試合も行われる。両部門とも1試合目は9時40分から。

●関東甲信越支部
http://nade-kanto.info/
●関東甲信越支部ツイッター公式アカウント


【高校の部】
「日本は首相公選制を導入すべきである。是か非か」
*ここでいう首相公選制とは、「首相公選制を考える懇談会」報告書(平成
14年8月7日)の「I 国民が首相指名選挙を直接行う案」とする。

(以下、全結果)
※それぞれ、「肯定側-否定側」、[]内はコミュニケーション点
【高校の部】
※早稲田大学高等学院B(東京)は、途中で試合出場が不可能になってしまった
ため、一部試合を不戦敗として集計しています。

<予選リーグ第1試合(1人ジャッジ)>
           早稲田大学高等学院B [15]○-×[14] 駿台甲府高校
                     創価高校C [18]○-×[17] 早稲田大学本庄高等学院C
           早稲田大学高等学院A [16]○-×[14] 東海大付属相模高校
                   都立西高校A [12]×-○[10] 早稲田大学本庄高等学院A
                     開成高校B [15]○-×[18] 広尾学園高校
               春日部共栄高校A [13]○-×[15] 早稲田大学本庄高等学院B
                女子聖学院高校 [17]○-×[16] 都立西高校B
                    開智中学校 [16]○-×[16] 聖光学院高校
            江戸川学園取手高校 [11]×-○[16] 創価&聖マリア女学院混成チーム
                      開智高校 [15]×-○[14] 創価高校B

<予選リーグ第2試合(1人ジャッジ)>
                     開成高校A [12]○-×[16] 創価高校C
                  駿台甲府高校 [16]×-○[17] 早稲田大学本庄高等学院C
                  慶應義塾高校 [16]×-○[17] 都立西高校A
            東海大付属相模高校 [17]○-×[16] 早稲田大学本庄高等学院A
              北杜市立甲陵高校 [17]×-○[18] 春日部共栄高校A
                  広尾学園高校 [19]×-○[18] 早稲田大学本庄高等学院B
                     創価高校A [16]○-×[18] 開智中学校
                   都立西高校B [13]×-○[14] 聖光学院高校
               春日部共栄高校B [11]×-○[14] 開智高校
 創価&聖マリア女学院混成チーム [17]○-×[17] 創価高校B

<予選第3試合(1人ジャッジ)>
       早稲田大学本庄高等学院C [**]○-×[**] 早稲田大学高等学院B
                  駿台甲府高校 [16]○-×[16] 開成高校A
       早稲田大学本庄高等学院A [15]×-○[17] 早稲田大学高等学院A
            東海大付属相模高校 [17]×-○[19] 慶應義塾高校
       早稲田大学本庄高等学院B [16]○-×[14] 開成高校B
                  広尾学園高校 [16]○-×[14] 北杜市立甲陵高校
                  聖光学院高校 [15]○-×[14] 女子聖学院高校
                   都立西高校B [ 9]×-○[18] 創価高校A
                     創価高校B [17]○-×[14] 江戸川学園取手高校
 創価&聖マリア女学院混成チーム [15]○-×[14] 春日部共栄高校B

<予選リーグ第4試合(1人ジャッジ)>
           早稲田大学高等学院B [**]×-○[**] 創価高校C
       早稲田大学本庄高等学院C [15]×-○[16] 開成高校A
           早稲田大学高等学院A [13]×-○[14] 都立西高校A
       早稲田大学本庄高等学院A [16]×-○[16] 慶應義塾高校
                     開成高校B [15]×-○[15] 春日部共栄高校A
       早稲田大学本庄高等学院B [16]×-○[17] 北杜市立甲陵高校
                女子聖学院高校 [17]○-×[18] 開智中学校
                  聖光学院高校 [15]×-○[15] 創価高校A
            江戸川学園取手高校 [14]×-○[18] 開智高校
                     創価高校B [19]○-×[10] 春日部共栄高校B

=======================================NADE Kanto-Koshinetsu Mail News
●このメールニュースはまぐまぐ(http://www.mag2.com)で発行しています。
◎まぐまぐID:0000068464  ○読者数: 303
----------------------------------------------------------------------
編集・発行【全国教室ディベート連盟関東甲信越支部】
〒114-8574 東京都北区中里3-12-2
            女子聖学院高校 筑田周一気付
TEL: 03-3917-2277(学校事務室)  FAX: 020-4624-1650
E-mail: @.
Twitter: @nade_kanto
[/read]

メールニュース No.217

◆◆◆=== NADE関東甲信越支部ディベートメールニュース -No.217-===◆◆◆
                           http://nade-kanto.info/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
==CONTENTS============================================================
 ☆ 春季大会・申し込み状況について ☆
====================================NADE Kanto-Koshinetsu  Mail News==
[read more="続きを読む" less="閉じる"]

 春季大会の参加申し込み締め切りとしてお知らせしていた3月8日(金)23時
59分時点で、以下の学校・チームからのお申し込みを確認しています。お申し
込みいただいている学校は、チーム数など、正しく受け付けられているかご確
認ください。受け付けられていない等の不具合がございましたら、早急に関東
甲信越支部事務局(@.)までご連絡ください。
 また、「参加する意向はあるが、まだ申し込み書を提出できていない」という
学校も、同様にご連絡ください。

* カッコ内は都道府県、お申し込み日

<高校の部:17校、25チーム>
北杜市立甲陵高校 1チーム(山梨、2/18)
慶應義塾高校 1チーム(神奈川、2/20)
東海大付属相模高校 1チーム(神奈川、2/21)
駿台甲府高校 1チーム(山梨、2/21)
開智高校 1チーム(埼玉、2/21)
開智中学校 1チーム(埼玉、2/21)
早稲田大学本庄高等学院 3チーム(埼玉、2/22)
早稲田大学高等学院 2チーム(東京、2/23)
開成高校 2チーム(東京、3/2)
聖光学院高校 1チーム(神奈川、3/5)
春日部共栄高校 2チーム(埼玉、3/5)
創価高校 3チーム(東京、3/6)
女子聖学院高校 1チーム(東京、3/6)
広尾学園高校 1チーム(東京、3/7)
創価高&聖マリア女学院高混成チーム(仮称)1チーム(東京&岐阜、3/7)
江戸川学園取手高校 1チーム(茨城、3/8)
都立西高校 2チーム(東京、3/8)

<中学の部:7校、11チーム>
創価中学校 4チーム(東京、2/26)
県立伊奈学園中学校 1チーム(埼玉、2/26)
渋谷教育学園幕張中学校 2チーム(千葉、2/28)
開成中学校 1チーム(東京、3/2)
広尾学園中学校 1チーム(東京、3/7)
女子聖学院中学校 1チーム(東京、3/7)
江戸川学園取手中学校 1チーム(茨城、3/8)

=======================================NADE Kanto-Koshinetsu Mail News
●このメールニュースはまぐまぐ(http://www.mag2.com)で発行しています。
◎まぐまぐID:0000068464  ○読者数: 302
----------------------------------------------------------------------
編集・発行【全国教室ディベート連盟関東甲信越支部】
〒114-8574 東京都北区中里3-12-2
            女子聖学院高校 筑田周一気付
TEL: 03-3917-2277(学校事務室)  FAX: 020-4624-1650
E-mail: @.
Twitter: @nade_kanto
[/read]

メールニュース No.216

◆◆◆=== NADE関東甲信越支部ディベートメールニュース -No.216-===◆◆◆
                           http://nade-kanto.info/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
==CONTENTS============================================================
★ 春季ディベート大会の申し込み締め切りが迫っております ★
  ☆ ジャッジ講座(判定力養成講座)のお知らせ ☆
====================================NADE Kanto-Koshinetsu  Mail News==
[read more="続きを読む" less="閉じる"]
━━━★ 春季ディベート大会の申し込み締め切りが迫っております ★━━━

  第14回関東甲信越地区中学・高校春季ディベート大会の申し込み締め切りが
迫っております。
  高校・中学の部ともに3月8日(金)必着です。

  現時点で高校は12校・20チーム、中学校は4校・8チームのお申し込みをいた
だいていますが、参加上限には余裕がございます。申し込みがお済みでない皆
さん、ぜひ1日も早くお申し込み下さい。
  出場を決めているものの、何らかの事情で申し込み書を提出できないという
方は、取り急ぎ、関東甲信越支部事務局(@.)までご連絡ください。

第14回春季ディベート大会 応募用紙
http://nade-kanto.info/?p=737

━━━ ☆ ジャッジ講座(判定力養成講座)のお知らせ ☆ ━━━━━━━━━

「ジャッジインターンを受ける事で、指導者としても力がついた」
「自分が試合をする時より資料の食い違い等が見え、ジャッジの視点を知ることが
 出来てよかった」
「わかりやすい。ディベートの面白さを改めて感じた。レジュメも工夫があり
 良かった」
(以上、受講生の声)

<今回ならでは!ディベート甲子園高校論題解説あり>
 今回特別に、通常のカリキュラムに加え、講師田中時光氏による
 2013年ディベート甲子園高校論題「日本は首相公選制を導入すべきである。
是か非か」
 の解説が行われます。
 奮ってご参加下さい。

★ジャッジってどうやるのか、誰も教えてくれない…★

「ジャッジをしてみたい!」と思ったけど
「大丈夫だよ。ディベートできるんだし。どっちが勝っているか考えればいい
だけだから」
「とにかく、経験すればできるから、やってごらん」

 と言われ、具体的にどうやって考えればいいのか分からず戸惑う経験をした
ことがありませんか?

★ジャッジインターンなら体系的にジャッジの仕方を学べます★

 内容は午前中にセミナーを受けて、そのまま午後には大会を見学しながら、
実際の試合をサンプルにジャッジの練習をします。どういうことをどんな順番で
考えればいいのかをお教えします!

★ジャッジ思考はあなたのディベート力を劇的に向上させます★

 ディベートとはジャッジを説得するゲームです。従って、ジャッジの思考を
知らずしてディベートを語る事などできません。ジャッジ思考が分かれば、
あなたのディベート力は劇的に向上します。

★はじめてでも安心。充実の個別指導体制★

 ジャッジ練習中にはインストラクターがおりますので、分からない点は個別に
質問することができます。判定を考える間もインストラクターに質問ができます。

 さあ、あなたもジャッジ講座でジャッジデビューしましょう。

1.日時
3月23日(土) 10:00-17:00(午前9:30開場 9:50集合完了)(予定)

2.会場
成蹊大学(東京都武蔵野市)3号館
※JR中央線・総武線(東京メトロ東西線)・京王井の頭線吉祥寺駅下車徒歩15分
http://www.seikei.ac.jp/gakuen/accessmap/

3.プログラム内容

午前: セミナーの部
-「判断する」とはどういうことなのか
-「ジャッジング」の方法
- 4ステップジャッジング
- 審査員の基礎的な心構え

午後: 実践の部
- 実際の試合を見学する
- 4ステップジャッジングで判定を出す
- 判定理由をまとめる

4.講師
全国教室ディベート連盟(NADE)試合運営委員会副委員長
全日本ディベート連盟(CoDA)理事
田中時光氏

5.参加費
学生の方:2000円
社会人の方:5000円
となります(なお、昼食は主催者側でお弁当をご用意致します)。

6.申し込み方法

  参加を希望される方は、下記申込用紙に必要事項をご記入のうえ、E-mail
にて3月17日(日)の22:00までにお申し込みください。なお、期限内に
お申込みいただいた場合でも人数の関係でお断りする場合もあります。
 タイトルに「ジャッジ講座(判定力養成)参加希望」と明記の上、以下の
テンプレートをご利用いただき、

@.

までご連絡ください。

**********************************************************************
ジャッジ講座(初級編)参加希望
1. 氏名
2. 所属・学年(例 大学3年生)
3. ディベート・ジャッジの経験
4. 申込理由・セミナーに期待すること
5. 連絡先メールアドレス
6. 特記事項

**********************************************************************
=======================================NADE Kanto-Koshinetsu Mail News
●このメールニュースはまぐまぐ(http://www.mag2.com)で発行されています。
◎まぐまぐID:0000068464 ○読者数: 302
----------------------------------------------------------------------
編集・発行【全国教室ディベート連盟関東甲信越支部】
〒114-8574 東京都北区中里3-12-2
女子聖学院中学校高等学校 筑田周一気付
TEL: 03-3917-2277 (学校事務室) FAX: 020-4624-1650
E-mail: @.
Twitter: @nade_kanto
[/read]
Top