9月 222014
◆◆◆=== NADE関東甲信越支部ディベートメールニュース -No.254-===◆◆◆
                            http://nade-kanto.info/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
==CONTENTS============================================================
 ☆ 第18回関東甲信越地区中学・高校秋季ディベート大会のお知らせ ☆
======================================NADE Kanto-Koshinetsu  Mail News

 関東甲信越支部では、2014年も秋季大会を開催いたします。09年から6年連続
で2部門制で開催します。ディベート甲子園論題を採用する部門と、大会10日前
をめどに発表する中高共通の独自論題を採用する「即興部門」の2部門です。
夏が不完全燃焼でリベンジを目指したい皆さんも、新たな論題で力試しをして
みたい皆さんも、ふるってご応募ください。

    【第18回関東甲信越地区中学・高校秋季ディベート大会 開催要項】

1. 主催: 全国教室ディベート連盟関東甲信越支部
2. 後援: 各ディベート関係団体、1都9県教育委員会などに申請予定

3. 開催期日: 2014年11月23日(日・祝)
 スケジュールは以下を予定しております。

08:45       受付(スリッパをご持参ください)
09:00       開会式
09:30-10:40 予選第1試合
11:15-12:25 予選第2試合
12:25-13:05 昼食 
13:05-14:15 予選第3試合
14:15       決勝戦進出チーム発表
14:35-15:55 決勝戦
16:15-16:45 表彰・閉会式

4. 会場: 女子聖学院中学校高等学校(東京都北区)
※JR山手線・東京メトロ南北線 駒込駅下車  徒歩約8分
  JR京浜東北線 上中里駅下車 徒歩約10分
http://joshisei.netty.ne.jp/005_shisetsu/access.html
※スリッパをご持参ください。
※昼食の時間が短くなっております。近隣にはコンビニエンスストアがござい
ませんので、事前に駅前などで食事を調達することをお勧めいたします。

5. 論題: 
【ディベート甲子園論題部門】(中高別々に行います)
 第19回全国中学・高校ディベート選手権(ディベート甲子園)論題を採用
します。中学・高校それぞれの部で、3チーム以上の参加申し込みをいただいた
際に開催します。

<<高校の部>>
「日本は外国人労働者の受け入れを拡大すべきである。是か非か」
*日本国内に事業所を置く機関との雇用契約の締結のみを条件とした日本国内
での労働を認める在留資格を新設する。
*雇用契約の締結先機関及び国籍による受け入れ者の制限、受け入れ人数の
制限を行わない。

<<中学の部>>
「日本は捕鯨を禁止すべきである。是か非か」
*ここでいう捕鯨とは致死的方法によるものとする。
*捕鯨の対象はイルカを含む全ての鯨類とする。
*鯨肉の販売、輸入を禁止する。

【即興部門】(中高合同で行います)
 大会10日前をめどに、支部メールマガジン・ウェブサイトで論題を発表しま
す。証拠資料を使用しない形式で行います。ディベート甲子園論題ではリサー
チ期間が長期間必要なのに比べて、当部門は比較的少ない準備でもご参加いた
だけます。なお、試合フォーマットは中学の部フォーマットを使用します。中
学の部フォーマットの詳細は全国中学・高校ディベート選手権ルール
(http://nade.jp/koshien/rule.html)をご覧ください。

6. 参加チーム数について:
 原則として、1チーム4人以上でチームを編成してください。4人を下回る場合
は、申し込み書にその旨と理由を明記してください。
 同一校から、両部門に重複して何チームでも応募することが可能ですが、申し
込みチームが多数の場合は、複数チーム応募校から3チームをめどに調整させて
頂く場合があります。両部門合わせて40チーム以上申し込みがあった場合は、
出場をお断りする場合がございます。
 なお、同一選手が複数のチームに所属することはできません。補欠(サプリ
メント)チームとして、決勝への出場権を持たないチームが出場することもあ
ります。
 申込書には学校名だけではなく、チーム名も英数字でご記入ください。

7. 大会ルール:
 全国中学・高校ディベート選手権(ディベート甲子園)ルールを採用し、即
興部門については、中学の部フォーマットを使用します。

8. 対戦方法と順位の決定: 
 予選(2~3試合を予定)を行い、決勝戦進出チームを決定します。優勝-第3
位および最優秀ディベーター賞、全日本ディベート連盟(CoDA)賞を決定しま
す。対戦組み合わせは主催者の責任抽選で決定し、大会当日に発表します。

9. 表彰: 
【ディベート甲子園論題部門】
 中学・高校の部別に以下の通り表彰します。
 優勝・準優勝・3位各1チーム、CoDA賞1チーム、ベストディベーター1名

【即興部門】
 以下の通り表彰します。
 優勝・準優勝・3位各1チーム、CoDA賞1チーム、ベストディベーター1名

10. チームと引率教師: 
・複数校の生徒から構成される混成チームの参加を認めます。
・各チームに引率者が1名ついてください(複数チーム出場の場合、学校に1名
でも可能ですが、可能な限り複数名の引率にご協力ください。引率教員数を、
申込書の所定欄にご記入ください)。
・引率者は、教員でなくとも構いませんが、学校長が事前に書面で認めた者に
限ります。引率者承認書(申込書と共にウェブサイトに掲載)をファクスで提
出してください。
・引率者には、自校の試合の司会やタイムキーパーをお願いすることがあります。

11. 登録料: 4,000円
(いずれも1チームにつき、事前に指定口座に振り込み。恐れ入りますが、振込
手数料はご負担ください)

(振込先)
みずほ銀行
新宿新都心支店
普通  1003503
ゼンコクキヨウシツデイベ-トレンメイ

※振込依頼人名は、個人名ではなく学校名を中学校か高校か分かる形でご指定
ください。特段の事情で振り込みが困難な場合はご相談ください。 
※一般的には銀行振込の振込明細(利用明細票)を領収書として代用可能です
が、別途発行をご希望の際は、申込書の所定欄にその旨を明記の上、振込明細
(利用明細票)を当日受付にご持参ください。領収書と交換いたします。

12. 申し込み:
  参加申込書に記入の上、電子メールで下記関東甲信越支部事務局までお申し
込みください(書き込み可能なWord形式の参加申込書と引率者承認書は、ウェ
ブサイト(http://wwww.nade-kanto.info/)にも掲載してあります)。従来通り
ファクスでの申し込みも受け付けますが、次回以降電子メールに一本化の予定
です。大会事務効率化のためなるべく電子メールでの申し込みをお願いいたし
ます。締め切りは、11月5日(水)(必着)です。

※出場が決定したチームには、大会1週間前をめどに出場決定通知を発送します。
大会直前に出場できなくなったり、出場チーム数が減少することが判明した場
合、別途連絡する緊急連絡先に必ずご連絡ください。
※大会当日は教育イベントにふさわしい服装での出場にご協力ください。原則
制服で、制服が定められていない場合でも、それに準ずる服装で会場にお越し
いただきますよう、お願い申し上げます。

                                 以上

=======================================NADE Kanto-Koshinetsu Mail News
●このメールニュースはまぐまぐ(http://www.mag2.com)で発行されています。
◎まぐまぐID:0000068464  ○読者数: 325
———————————————————————-
編集・発行【全国教室ディベート連盟関東甲信越支部】
〒114-8574 東京都北区中里3-12-2
            女子聖学院高校 筑田周一気付
TEL: 03-3917-2277(学校事務室)  FAX: 020-4624-1650
E-mail: ※画像に変換しています※画像に変換しています※画像に変換しています※画像に変換しています※画像に変換しています※画像に変換しています※画像に変換しています※画像に変換しています※画像に変換しています※画像に変換しています※画像に変換しています※画像に変換しています※画像に変換しています
Twitter: @nade_kanto