2月 272015

第20回全国中学・高校ディベート選手権の論題が発表されました。 

中学:
「日本は刑事事件における実名報道を禁止すべきである。是か非か」
  • ここでいう実名報道とは、個人を特定して、その人が加害者または被害者であることを推測させる情報を、仕事として不特定多数に提供することとする。
  • 違反者には刑事罰を科すものとする。
  • 公務員または公務員であったものが在任中に関わった事件の本人に関する情報は禁止の対象から除く。
  • 本人または警察が実名報道を要請した場合を除く。

高校:
「日本は裁判員制度を廃止すべきである。是か非か」
  • 裁判員法が定める規定をすべて廃止し、職業裁判官のみによる裁判制度に戻すものとする。

 NADE関東甲信越支部では、上記論題を用いて、第16回関東甲信越地区中学・高校春季ディベート大会を開催いたします(3月28日,29日) 。詳細は以下のリンクからご確認ください。


» 続きを読む...

2月 272015
NADE本部から、「2015年2月21日付け全国中学・高校ディベート選手権ルール改正」の発表がありました。
支部で今後行う大会・試合においても、この改正後のルールを適用します。

2015年2月21日付けで全国中学・高校ディベート選手権ルールの改正を行いました。
今回のルール改正では、主に細則B(証拠資料に関する細則)に関して修正を加えており、より適切な証拠資料の取り扱いを求めるためのものです。
内容をよくお読みの上、今後の大会に臨んで下さい。
全国中学・高校ディベート選手権ルール (2015年2月21日改正)
ルール関連通達 – 2015年ルール改正に関する解説


新旧対照表つきで、改正の背景についても説明されています。
参加校の皆様におかれましては、熟読の上、ご参加いただきますようお願いいたします。

ルール改正およびその解説を公開しました
http://nade.jp/news/archives/28


» 続きを読む...